岸田首相「日韓の問題放置できず」 大統領就任式に外相派遣 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「協力」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-_politics_policy_XALJTKZ54JJJNJ6YRARVZA6STA.htmlより引用)
岸田文雄首相は9日午前、韓国で10日に行われる尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期大統領就任式に林芳正外相を派遣することについて、いわゆる徴用工や慰安婦の問題を念頭に「日韓の間には難しい問題が存在するが、このまま放置することはできない」と述べた。
官邸で記者団の質問に答えた。
首相はまた、「国と国との約束は守ることを基本としながら、わが国の一貫した立場に基づき取り組みを進めていきたい」と強調。
ロシアのウクライナ侵攻などを踏まえ「国際秩序の根幹が揺らぎかねない事態を前にして改めて日韓、日米韓の協力の重要性を強く感じている」とも述べた。
(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-_politics_policy_XALJTKZ54JJJNJ6YRARVZA6STA.htmlより引用)

関連記事