オール巨人 頚椎ヘルニア手術のため入院 昨年4月に続き…「しっかり治してスーパー70歳目指す」 2021-01-06


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「心配」「ややこしい」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210106-0172.htmlより引用)
 漫才コンビ「オール阪神・巨人」のオール巨人(69)が6日、自身のツイッターを更新し、頚椎ヘルニアの手術のため、5日から入院していることを明かした。
 巨人は前日5日のツイッターで窓の外に五重塔が写った写真と合わせて「今日からこの景色を、しばらくの間見ることに成りました!」と意味深発言。
心配する声も挙がったが、この日午前、再びツイッターを更新。
「昨日は、ややこしい書き方をしてしまい、ご心配を掛けてしまって、失礼しました!」と謝罪し、「少しの間 入院をします!以前から調子が良くなかった、首(頚椎)のオペです!しっかり治して、スーパー70歳を目指そうと思っています」と語った。
 また、ブログで6日が長男、長女の誕生日であることを明かし、「新曲『夢浪漫』の3コーラス目に『育ってくれた、子供らも、いつの間にやら、人の親』って歌詞が有ります、僕と同年代の方々には 『そ〜やなぁ〜』って感じでしょうね、初めは、育てあげた子供らも!だったんですが、僕か先生にお願いして、育ってくれた!に変えて頂きました!」と2月10日発売の新曲をPRした。
 巨人は昨年4月末にも頸椎ヘルニアの手術のため入院。
「コロナではないですので、頚椎のヘルニアで、どうしても右手の調子が駄目で、今から手術です!」と新型コロナウイルスではなく、手術のための入院と明かしていた。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210106-0172.htmlより引用)

関連記事