【陸上】名指導者・川本和久氏が死去 多くの日本代表育てる 2022-05-11


図 この記事のタイプ傾向 (「死去」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/sponichi-spngoo-20220511-0274.htmlより引用)
 東邦銀行と福島大の陸上部監督を務める川本和久氏が11日午前1時50分、すい臓がんのため福島市内の病院で死去した。
64歳。
佐賀県伊万里市出身。
筑波大卒。
筑波大大学院修了。
同氏のツイッターによると20年4月にすい臓がんが見つかって以降、闘病していた。
 多くの日本代表選手を育て、女子400メートルの千葉(旧姓丹野)麻美ら教え子は今も日本記録保持者として名を残している。
 陸上界に与えた影響は大きく、男子400メートル障害で世界選手権2度メダルを獲得した為末大氏は、自身のツイッターに「言葉がありません。
陸上界を大きく発展させた方でした。
ご冥福をお祈りします」とつづった。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/sponichi-spngoo-20220511-0274.htmlより引用)

関連記事