大阪のコロナ累計死者数が東京上回り全国最多714人 高齢者中心に感染が拡大 2021-01-14


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「死亡」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210114k0000m040194000c.htmlより引用)
 大阪府は14日、新型コロナウイルス感染に伴う死者が新たに11人判明し、累計数は714人になったと発表した。
東京都の累計数は14日分(3人)を含めて707人だったため、大阪が東京を初めて上回り全国最多になった。
 府内では昨秋以降の「第3波」で、重症化リスクが高い高齢者を中心に感染が急速に広がる。
2020年12月の月別死者数は過去最多の259人になり、78人だった11月の3倍以上に急増。
東京都(138人)の約2倍だった。
 年明けの1月も12月を上回るペースで死者数が増えており、8日は1日当たりで過去最多の19人の死亡が確認された。
13日時点の大阪の累計死者数は703人で、704人だった東京都に1人差まで迫っていた。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210114k0000m040194000c.htmlより引用)

関連記事