こけしDoll中鉢優香さん37歳で死去 転移性脳腫瘍で闘病 2021-04-04


図 この記事のタイプ傾向 (「諦め」「ありがと」「ありがとう」「感謝」「安らか」「死去」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20210404076.htmlより引用)
 ロックバンド・こけしDollのベーシスト、中鉢優香さんが、2日に死去していたことが明らかになった。
37歳だった。
 夫でロックバンド、KING BROTHERSのドラマー、ゾニーがツイッターで「バッチこと中鉢優香は4/2 21:10に永眠しました。
きつい闘病に比べてとても安らかな逝き方でした。
皆様バッチを愛してくれてありがとうございました」と報告した。
 中鉢さんは、かねてツイッターで転移性脳腫瘍で闘病していることを明かしていた。
この日、大阪・智崇院でお別れの会が行われる。
中鉢さんのインスタグラムでも告知されている。
 ゾニーは3日にツイッターで中鉢さんの最期の様子を明かした。
それによれば、2日午後6時ごろ、入院してていた中鉢さんが眠ったのを確認して、看病していたゾニーが一度帰宅。
その後、容態が急変したという。
 ゾニーはその後「最後までしっかり一緒にいれました。
彼女は凄いです。
愛してます。
ありがとね。
」とツイート。
天国に旅立った愛妻に感謝した。
 中鉢さんは3月20日に、自身では最後のツイッター更新をしており、4回目の放射線全脳照射をしたことを明かしながら、「うちの『諦めない』はもう生きる死ぬの次元ではない。
どうしてもやりたい事あってね」と生きることへの執念を鮮明にしていた。
 こけしDollは中鉢さんと、ボーカル&ギターの奥山奈緒美、ドラムスの追分里絵による3ピースバンド。
札幌を中心に活動してきた。
2002年にアルバム「こけしDoll」でデビューし、09年に解散後、18年に再結成した。
 中鉢さんは同バンドのベースのほか、藍井エイルのサポートメンバーなどでも活躍。
音楽活動のほかに空手家としても実績を残した。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20210404076.htmlより引用)

関連記事