群馬・上野村で聖火が2度消えるアクシデント 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/hochi-20210331-OHT1T50030.htmlより引用)
 東京五輪組織委は30日、この日群馬県内で行われた聖火リレーの実施状況を総括。
館林市から前橋市までの区間を走行したが、第4区間の上野村のスタート前、ランタンからトーチへ聖火を移す過程で、火が2度消えるアクシデントがあったことが分かった。
 組織委の高谷正哲スポークスパーソン(SP)によると、1度目は、ランタンに着火棒を差し込んでトーチへと火を移そうとしたところ着火棒の上で火が消えた。
その際ランタンそのものの火も消えてしまったという。
 予備のランタンで再チャレンジ。
たいまつと呼ばれる棒状のものに火を移してトーチに点火しようとしたが、これもうまくつかず、またランタンの火も消えてしまったという。
3回目にようやく予備のランタンからの点火に成功し、無事にスタートできた。
 高谷SPは「運営上は大きな問題にはならなかったが、多くの人をお待たせしたのは本当に申し訳なかった。
ランタンからトーチに火を移す場面で担当者が少し焦ってしまった可能性もある。
ゆっくり確実に、を徹底したい」とした。
(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/hochi-20210331-OHT1T50030.htmlより引用)

関連記事