女性運転士に「田舎者」、顔を至近距離でのぞき込む…JR東から出向の社長辞任 2020-09-12


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」「通報」)

 ニューシャトルを運行する埼玉新都市交通は11日、社長の南雲敦氏(54)が同日付で辞任したと発表した。
女性社員にセクハラまがいの言動をしたことによる引責辞任で、記者会見した渡辺哲・代表取締役常務は「社長としての適任性が問われる事案。
おわび申し上げる」と陳謝した。
 発表によると、南雲氏は昨年8月に行われた暑気払いの2次会で、女性運転士に「田舎者」と揶揄(やゆ)したほか、下の名前で呼び捨てにしたり、顔を至近距離でのぞき込んだりしたという。
今年4月、女性運転士の後輩から会社側に通報があり、5〜7月に調査していた。
 南雲氏は、酒に酔っていて一部の記憶がないと否定したというが、同社は同席していた社員への聞き取りなどから、不適切な言動を認定した。
 南雲氏はJR東日本出身で、昨年6月から埼玉新都市交通に社長として出向していた。
JR東日本も今月7日付で南雲氏を処分し、自宅待機させている。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20200912-567-OYT1T50186.htmlより引用)

関連記事