効かないニャ 姉の猫パンチに無反応な妹猫 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 (「好き」「悩み」「平然」「見事」「協力」)

 Twitter上で、「猫パンチに慣れてしまった仔猫」というつぶやきとともに写っていたのは、メスのマンチカンのてんちゃんとるなちゃん。
 2匹は今年(2021年)1月に生まれた双子の姉妹。
 賢い性格だけど食いしん坊な性格ゆえか、最近おデブに見えるのが悩みの茶色柄のてんちゃんに対し、超がつくほどのビビりな性格ながらも、やんちゃで運動好きな銀色柄のるなちゃんと、その性格は対照的。
ちなみに、飼い主さんのTwitterハンドルネームは「てんるな」ですが、てんちゃんが「妹」で、るなちゃんが「姉」です。
 さて、そんな2匹ですが、この日は一緒にくつろいでいたところ、下にいたるなちゃんが、何を思ってかてんちゃんに向かって猫パンチ。
それが見事に?顎にヒットしてしまっています。
 しかしながら、パンチをもろに受けたはずのてんちゃんは微動だにしません。
るなちゃんの右ストレートで、頬をグニャリとさせているにもかかわらず、「効いてニャいんだなこれが」と言いたいばかりに無反応。
 大物感漂うてんちゃんの威風堂々とした振る舞いですが、仲良し姉妹の2匹にいったいニャにが!? 「どうやら、るなに胸毛をちゅっちゅと吸われたので、てんが移動しようとしたみたいです(笑)」 そう推理してくれたのは飼い主さん。
実はるなちゃんは、普段からてんちゃんの“胸毛に吸い付く”癖があるんだそう。
そのせいか、てんちゃんの胸元には、るなちゃんの“キスマーク”の跡がチラホラ。
 「顔が歪んでも平然としているてんが可愛くて(笑)」と、飼い主さんは一連の流れも含めた写真も含めて投稿したところ、大きな反響となりました。
 仲睦まじい双子猫の日常風景をおさめた投稿でしたが、これ以外にも飼い主さんは、てんちゃんとるなちゃんの普段の様々な姿をTwitterにて日々投稿。
またYouTubeチャンネル「てんるな『双子の子猫』」でも、その様子を配信されています。
(https://news.goo.ne.jp/article/otakuma/trend/otakuma-20210401_01.htmlより引用)

関連記事