スペースXの宇宙船試作機、試験飛行で再び失敗 マスク氏発表 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3339682.htmlより引用)
【AFP=時事】(更新、写真追加)米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者は30日、巨大宇宙船「スターシップ」の最新の試作機の試験飛行が、再び失敗したと発表した。
 試作機「SN11」は、テキサス州南部にあるスペースXの施設から、日本時間同日午後10時ごろ打ち上げられた。
 マスク氏はツイッターで、「少なくともクレーターは正しい位置だ!」と冗談を飛ばし、試作機の試験飛行の4回目の失敗を認めた。
さらに「着陸直後に重大な出来事があった」「きょう後に破片を調べることができれば、何だったのか分かるだろう」と書いた。
 同社は月や火星などへの有人飛行を目指し、スターシップの開発を進めている。
SN11はその11番目の試作機。
この日行われたのは、同機を上空へ飛行させた後、垂直姿勢に戻って着陸させる4回目の試験飛行だった。
(https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3339682.htmlより引用)

関連記事