華原朋美ファンMTG中止でお騒がせ…ガッカリの声相次ぎ“ドタキャン癖”再発の指摘も 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「安定」「悲しい」「残念」「心配」「大切」「不安」「不安定」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/entertainment/nikkangendai-832452.htmlより引用)
 歌手の華原朋美(47)がファンクラブ限定のファンミーティングを中止し、その対応に賛否の声が相次いでいる。
 華原は5月8日にツイッターを更新。
〈ファン同士で揉めてる時にファンミーティングはできないです!〉とし、すでに現地入りしていた人には今回のための交通費など負担することを発表した。
 ファンからは〈朋ちゃんのファンを大切にする気持ち、ビジバシ伝わります〉〈ファン同士で喧嘩なんて悲しいです〉などの声もあった一方で、多くはガッカリの声だ。
〈そんな理由での中止なんて、聞いたことがない〉〈揉め事を起こしていた人達だけを除外して…じゃ駄目だったのかしら?〉〈ではファンからのお願いです。
前日深夜にドタキャンしないでください。
お金を払えば良いのですか?それはそれで必要な対応だとは思います。
色んな人が無理して都合つけて、チケットやら確保して、華原さんにお会い出来るのを心待ちにしていたんですよ?それがわかってなさそうな言動が残念です〉 なかには“ドタキャン癖”について指摘する投稿もあった。
「大手所属事務所に専属契約をしていたころから、情緒不安定などで仕事をドタキャンするといったトラブルは多く、本人もユーチューブチャンネル『勝俣かっちゃんねる』の『華原朋美の天狗&ドタキャン伝説』(21年9月24日配信)などで認めています。
今回も、ファンを思ってとのことだと発表していますが、“また?”“ぶり返したの?”との心配は尽きません」(芸能リポーター) 交通費などを負担する対象は29人だそうで、同日には〈今からファンミーティングに向かってた特定の方々へのプレゼントを買いに行くところです〉とツイートしている。
ドタキャンされたファンとは揉めなきゃいいけど……。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/entertainment/nikkangendai-832452.htmlより引用)

関連記事