尾身会長「6月までが正念場」 “リバウンド回避”最優先 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 ()

政府の分科会の尾身会長は、高齢者にワクチンが届く6月までに、大きなリバウンドを避けることが最優先課題との考えを示した。
政府分科会・尾身会長「高齢者にワクチンが届くまでに大きなリバウンドを避けることが、現時点では、わたしは最優先課題だと思う。
この6月までが正念場だと思う」また、尾身会長は、国民に感染対策を求めるだけでなく、国や自治体に対し、飲食店の見回りなど、感染拡大をおさえる対策を徹底するよう求めた。
一方、西村経済再生相は、まん延防止等重点措置を適用した3府県では、飲食店に対し、換気の徹底、アクリル板の設置などを求め、従わない場合は命令、罰則の対象になるとしている。
(https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-163956.htmlより引用)

関連記事