華原朋美 復帰ショーで仰天提案「KEIKOさんとステージに」 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「意外」「驚く」「面白い」「感動」「自虐」「泣き」「伏し目」「まさかの」)

(https://news.goo.ne.jp/article/jisin/entertainment/jisin-https_jisin.jp_p_1966171.htmlより引用)
「一昨日、『アウト×デラックス』の収録があって。
しゃべりすぎて、こんな声になっちゃったの(笑)」驚くほどのガラガラ声でそう語ったのは、華原朋美(46)だ。
昨年8月で所属事務所から契約を解除された華原。
4月1日放送の『アウト×デラックスSP』(フジテレビ系)に出演するとも報じられたが、それに先立ち公の場へと姿を見せていた。
3月20日、都内のホテルで独立後初となるディナーショーが開催されたのだ。
昼夜2回開催で、定員は各50人。
チケット代は、システム利用料と決済手数料も含めて1万4千955円。
食事代は別という強気の設定だ。
だが、それでも会場は満席だった。
定刻になると司会に紹介されて華原が登場するが、かなりのローテンション。
伏し目がちで「こんばんは〜」と挨拶すると、『IBELIEVE』など3曲をガラガラ声で歌い切った。
その後はフリートークへ。
華原が唐突に「はい、皆さんどうも。
『ミヤネ屋』で〜す」と宮根誠司(57)のモノマネを披露すると、意外にも大ウケする。
温かいファンのおかげで、徐々にテンションも上昇。
「いや〜、1曲目やばかったね(笑)」と自虐も交えていた。
質問に答えるコーナーでは、女性ファンが感動して泣きだしてしまう一幕も。
すると、華原はこんな赤裸々トークで盛り上げる。
「私も、そんなカワイイ心になりたい! 最近、みんなからデブって言われるから。
毎日、ホットヨガに通っているの」■「私の人生、今は上がっている」’18年に行われたディナーショーでは、9kg減量したことを明かしていた華原。
たしかに当時より大きくなっているようにも見えるが、彼女はそうした今の体形も前向きにとらえているという。
「もう、カワイイよって言われる年齢じゃないし。
キレイだねとか言われるより、面白いねとか言われるほうが私はいいかな」さらに、話は元カレ・小室哲哉(62)の離婚へ。
再出発するglobeのKEIKO(48)に、こんなラブコールを送っていた。
「私が歌ってきたglobeの曲は、今後は封印したいと思います。
いつかKEIKOさんと同じステージに立って、一緒に歌う機会があればうれしいなと思います」まさかのデュエット提案で会場を驚かせた華原。
最後は自らの半生を振り返り、こう語った。
「息子という守るべきものができた。
今の私は、自分自身よりも息子のことを最優先に考えて生きています。
私の人生は、ジェットコースターみたいに上がったり下がったりしてきました。
でも、今は上がっていると思います。
(https://news.goo.ne.jp/article/jisin/entertainment/jisin-https_jisin.jp_p_1966171.htmlより引用)

関連記事