『LDH』史上最大規模のオーディションを開催「日本を元気に」メンバー自ら発掘&プロデュースする試みも 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「笑顔」「元気」「楽しみ」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/chuspo/entertainment/chuspo-229042.htmlより引用)
 EXILEや三代目JSOULBROTHERS(JSB)らが所属する芸能事務所「LDHJAPAN」は2日、今年後半に同社史上最大規模の大型オーディションを開催することを発表した。
男女合同開催となり、ボーカル、ラップ、ダンスの3部門を募集。
具体的な日程や応募資格などは後日発表される。
 LDHは昨年、同社が6年に一度開催しているエンターテインメントの祭典「LDHPERFECTYEAR」の一環として、大規模オーディション「LDHPERFECTAUDITON」の開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により中止。
今回「日本を元気に」というテーマのもと、若者たちの夢をかなえる場所、ファンの笑顔が集まる場所として今年後半、名前を変えて復活する。
 審査には、LDHの会長で総合プロデューサーのEXILEHIRO(51)のほか、EXILEや三代目JSBのメンバーらLDHアーティストも参加。
それぞれがグループまたは個人のプロジェクトのために新人アーティストを発掘し、育成してプロデュースしていく初の試みも。
男女合同開催で3部門の募集であることから、規模は過去最大級となる。
 HIROは「今回のオーディションでは夢を持った才能ある若者たちの夢をかなえるとともに、EXILETRIBEメンバーを筆頭に、LDHで今現在アーティストとして頑張ってくれているみんなの将来の夢をかなえる、そんな重要な役割があると思っています」と説明する。
 EXILEのAKIRA(39)も「新時代を築き上げるべく、新たな世代のドラマが生まれることを願っておりますし、これからの未来を担う、男女問わず、さらなる仲間や逸材、才能と出会えることを楽しみにしております!」と参加を呼びかけながら「僕自身もこのオーディションに携わることで、たくさんの元気や勇気、そして希望を日本中にお届けできたらと思っております」とコメントを寄せた。
◆TAKAHIROら輩出 LDHは、EXILETAKAHIROを輩出した2006年の「EXILEVOCALBATTLEAUDITION(VBA)2006〜ASIANDREAM〜」を皮切りに、女性を対象とした「VBA3〜ForGirls〜」など、これまでに5度のVBAを開催し、約13万人が参加。
その中から三代目JSBのボーカル今市隆二や登坂広臣、元E―girlsの鷲尾伶菜(現アーティスト名は伶)、GENERATIONSの数原龍友や片寄涼太、THERAMPAGE、FANTASTICSメンバーらの夢をかなえた。
 ほかにも男性パフォーマーを募集する「EXILEPERFORMERBATTLEAUDITION」や、女性のボーカリスト、ダンス部門、俳優部門、モデル部門を同時募集する「THEGIRLSAUDITION」なども開催された。
(https://news.goo.ne.jp/article/chuspo/entertainment/chuspo-229042.htmlより引用)

関連記事