富山・氷見市長が5人以上で会食 市民に自粛求めるなか市幹部らと 2021-04-06


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「分からない」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210406k0000m040206000c.htmlより引用)
 富山県氷見市の林正之市長が3月29日夜、飲食店で市幹部らと5人以上で会食していたことが判明した。
新型コロナウイルス感染予防のため、林市長は大人数での会食を避けるよう市民に呼び掛けていた。
6日、取材に事実関係を認め、「配慮が足りなかった。
反省している」と話した。
 林市長によると、会食は昨春まで副市長だった総務官僚が民間に転出するためあいさつ回りに来たのを機に、市幹部らが開いた。
午後6時半ごろからビールやウイスキーを飲み、市長は8時ごろに途中退席した。
正確な参加者数は分からないが、個室のテーブルを囲む形で5人以上が同席。
仕切り板はなく、会話中はマスクを着けていたという。
 林市長は前日の28日、無投票で市長に再選されたばかり。
取材に対し、「あいさつだけして退室すればよかったが、長居してしまった」と釈明した。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210406k0000m040206000c.htmlより引用)

関連記事