小学校で給食出せない問題…新たに7校で再開 残る18校も今月中に再開予定 東大阪市 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/mbs_news/region/mbs_news-GE00043711.htmlより引用)
 新年度早々、東大阪市の約半数の市立小学校で学校給食が提供できない状態が続いている問題で、5月9日に7校で給食が再開することになりました。
 東大阪市は4月6日、必要なトラックを確保できなかったとして、配送業者との契約を解除。
その結果、新学期の給食が始まる4月12日以降、市立小学校の約半数の26校で給食が提供できない状態となっていました。
 こうした中で5月9日、調理業務を行っている業者が配送業務も請け負う形を取り、7校で給食が再開することになりました。
 (東大阪市教育委員会・学校給食課 正埜敏久課長) 「とりあえず1日でも早くというところだったので、(すでに再開している1校とあわせ)8校に配れてうれしく思っています」 残る18校についても5月23日に再開予定だということです。
(https://news.goo.ne.jp/article/mbs_news/region/mbs_news-GE00043711.htmlより引用)

関連記事