フジHD、外資規制違反の疑い 社長認める「甘かった」 2021-04-05


図 この記事のタイプ傾向 (「良かった」「疑い」)

(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASP45675MP45UTIL03X.htmlより引用)
 フジテレビなどを傘下にする持ち株会社「フジ・メディア・ホールディングス(FMH)」が2014年9月までの約2年間、放送法の外資規制に違反していた疑いがあることがわかった。
FMHは当時、違反の可能性を把握したが、公表していなかった。
 金光修社長が5日、朝日新聞の取材に、過去の株主名簿上の議決権の取り扱いで誤りがあり、違反の疑いがあったと認めた。
「当時公表しておけば良かった。
甘かった」と話した。
14年9月末からは適法状態になったという。
 FMHは放送法の「認定放送持ち株会社」として認定を受け、複数の放送局を子会社として持つ。
同法は、議決権の外資比率が20%以上の事業者は認定を受けられないと規定。
違反すれば総務相は認定を取り消さなければいけない。
認定がなければ、複数の地上波放送局を子会社として傘下に持つことができない。
(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASP45675MP45UTIL03X.htmlより引用)

関連記事