以前から店で出す…提供禁止の『フグの皮』等食べた女性客が痺れ等の症状で入院 居酒屋を営業禁止処分に 2021-01-06


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/tokaitv/nation/tokaitv-20210106-1029-154078.htmlより引用)
 三重県志摩市の飲食店で提供が禁止されているヒガンフグの皮などを食べた女性客が食中毒の症状を訴え、県はこの店を営業禁止処分としました。
 三重県によりますと、志摩市阿児町鵜方の居酒屋「大島」で3日夜、フグのコース料理を食べた56歳の女性が、しびれや呂律が回らないなどの症状を起こして入院しました。
 命に別状はなく、快方に向かっているということです。
 女性が食べたのはヒガンフグのコース料理ですが、この中には国の通知で提供が禁止されている「皮」の部分も調理されていたということです。
 三重県によりますと、この店では以前からヒガンフグの皮を提供していたということです。
 三重県はフグ料理が食中毒の原因と断定し、5日付でこの店を営業禁止処分としました。
(https://news.goo.ne.jp/article/tokaitv/nation/tokaitv-20210106-1029-154078.htmlより引用)

関連記事