車いすテニス、上地が優勝逃す…全米オープン 2020-09-13


図 この記事のタイプ傾向 (「苦しみ」)

 【ニューヨーク=福井浩介】テニスの全米オープン車いす部門は12日、ニューヨークで女子シングルス決勝が行われ、第2シードの上地結衣(三井住友銀行)は3―6、3―6、第1シードのディーデ・デフロート(オランダ)にストレート負けを喫し、3年ぶりの優勝を逃した。
 相手の強烈なリターンに苦しみ、ことごとくサービスゲームを破られた。
第2セットは上地もブレイク3度と粘ったが、サービスゲームをキープできたのは2セットで1度だけだった。
 試合後、上地は「相手のスピードと自分のペースがかみ合わなかった。
自分のプレーの精度が低かった」と悔しがった。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/sports/20200913-567-OYT1T50095.htmlより引用)

関連記事