エビ中・安本彩花、悪性リンパ腫の寛解を報告「病気の経験が自分を強くしてくれました」 2021-04-05


図 この記事のタイプ傾向 (「ありがと」「ありがとう」「気になる」「元気」「好き」「楽しみ」「大好き」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210405-0177.htmlより引用)
 悪性リンパ腫と診断され、昨年10月から休養している女性アイドルグループ「私立恵比寿中学」の安本彩花(22)が5日、治療中であった悪性リンパ腫が寛解したことをグループ公式サイトと自身のインスタグラムで報告した。
今後の活動は医師と相談しながらできる仕事から始めていく予定。
 安本は昨年10月29日に悪性リンパ腫と診断され、当面の間治療に専念するため休養すると発表。
今年に入って新年のあいさつや、休養中に発表された楽曲「イエローライト」のミュージックビデオに手書きの歌詞で参加したことを知らせるなど、ファンに時折コメントを届けてきたが、約1カ月ぶりの投稿が明るい話題となった。
ライブパフォーマンスの復帰時期は未定だが、今後の活動については、医師と相談しながらできる仕事から始めていく予定。
 本人からのメッセージは以下の通り。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210405-0177.htmlより引用)

関連記事