コロナ療養施設で食中毒 29人が下痢など発症 2022-05-13


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASQ5F669WQ5FUTIL04G.htmlより引用)
 東京都は13日、新宿区内の新型コロナの宿泊療養施設で、29人が下痢や腹痛などを訴える集団食中毒があったと発表した。
施設で提供された弁当を食べた入所者や看護師・スタッフから病原性大腸菌O166が検出された。
20代の女性1人が入院したが、全員快復しているという。
都によると、都内の宿泊療養施設での食中毒は初めて。
 都福祉保健局によると、下痢などを発症したのは17〜67歳の入所者25人と看護師などのスタッフ4人で、4月23日に施設内で提供されたガパオライスの弁当を食べた。
同日の午後3時半から翌朝にかけて体調不良を訴えたという。
 弁当を調べたところ、ガパオライスの具、湯葉とキクラゲのあえ物などからO166が検出された。
製造過程で付着したり、保存している間に菌が増えたりした可能性があるという。
 弁当は港区内のレストランが提供していた。
午前中に段ボールに入れて納入され、入所者らが午後1時15分までに受け取りに来る運用になっていたという。
レストランに対し、港区が7日間の営業停止処分とした。
 都の担当者は「保健所から、納入後の保管方法に問題はなかったと言われている。
(療養施設での食事を確かめる)検食のあり方などを検討している」と話す。
(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASQ5F669WQ5FUTIL04G.htmlより引用)

関連記事