香港「一国二制度」の空文化が決定的に…選挙制度見直し、全人代常務委が全会一致で可決 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「決定」)

 【広州=吉岡みゆき】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)の常務委員会は30日、選挙制度見直しの具体案を全会一致で可決した。
香港の公共ラジオRTHKが香港選出の譚耀宗・全人代常務委員の話として報じた。
香港の民主派は統治機構から排除されることになる。
 常務委は今回、香港政府トップの行政長官と立法会議員の選出方法に関する香港基本法付属文書の修正を決め、立候補者を事前審査する「資格審査委員会」の新設を定めた。
これにより、香港の「一国二制度」の空文化は決定的となった。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20210330-567-OYT1T50152.htmlより引用)

関連記事