福岡県の資料か…感染者個人情報“漏えい” 2021-01-06


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「人情」)

福岡県がまとめている、新型コロナウイルスに感染した人の個人情報が、漏えいしていたおそれのあることがわかりました。
インターネットに掲載されていたファイルには、名前や年齢、居住地など、陽性が判明した、およそ9500人分の詳細な個人情報が記されていました。
この資料は、去年11月、神奈川県在住の男性のもとにメールで届いたもので、インターネット上で、書類などのデータを複数の人と共有できるシステムが使われていたということです。
NNNの取材に対し、福岡県では、「県と、患者の入院先などを調整する本部の医師との間で活用していた情報とみられる」と話し、このあと会見して経緯を説明するとしています。
(https://news.goo.ne.jp/article/ntv_news24/nation/ntv_news24-798403.htmlより引用)

関連記事