ホリエモン「ついに晒し首実現かぁ」時短拒否の飲食店公表に皮肉 2021-01-05


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「実現」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/sanspo-geo2101050017.htmlより引用)
 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏(48)が5日、ツイッターを更新。
政府が東京都と埼玉、千葉、神奈川3県への緊急事態宣言発令にあわせて、知事による営業時間短縮の要請などに応じない飲食店名を公表できるよう新型コロナウイルス特別措置法の政令を改正する方針を固めたことに、「ついに晒し首実現かぁ」とつぶやいた。
 加藤勝信官房長官はこの日の記者会見で飲食店施設の休業要請や時短を含む使用制限を求める権限を知事に付与するため、特措法施行令の改正を検討していると明らかにした。
現行政令では、公表対象は学校や百貨店、ホテル、キャバレーなどに原則として限定され、一般的な飲食店は含まれていない。
昨年4月の宣言時では休業指示に従わないパチンコ店の店名が公表された経緯がある。
 加藤氏の会見を伝えた記事を引用した堀江氏は「晒し首」と皮肉。
「部屋飲みが増えて家族感染の拡大版的な事になるだけな気がする」と政府方針を疑問視した。
(https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/sanspo-geo2101050017.htmlより引用)

関連記事