【新型コロナ】柏中央高校でクラスター 千葉県内の小中高校で初 感染者は7人に 2020-09-12


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「支援」「発表」)

 柏市は12日、県立柏中央高校(同市松ケ崎)で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。
市保健所の11日の検査で男子生徒3人の感染が新たに分かった。
いずれも症状はない。
すでに感染が判明している生徒4人を含め感染者は7人になった。
7人は同じ学年。
同校は全校を対象に、8日から臨時休校とした。
県教委によると、県内の小中高校でのクラスター発生は初めてとなる。
 市によると、7日に松戸市居住の男子生徒の感染が判明。
9日にクラスメートの男子生徒、10日には同じバスケットボール部の男子生徒の感染が相次いで分かった。
 バスケ部は5、6両日に市内の別の公立高、私立高の2校と対外試合をしており、市は柏中央高の同じクラスなど関係した生徒だけでなく、2校の生徒も含め9〜11日に計88人を検査。
11日は柏中央高の他クラスで合同授業を受けていた3人の感染が分かった。
 市は検査対象を同学年の生徒全員に広げることを決め、12、13両日に市内居住の生徒91人、教職員62人を検査する。
 県教委によると、濃厚接触者全員の陰性が確認できるまで休校を継続するという。
その間は、インターネットの学習支援ソフトなどを活用し、自宅学習を進める。
 市は12日、柏中央高生徒以外にも7人の感染を発表した。
このうち市立西原中の男子生徒2人は、感染が判明済みの柏中央高生徒の兄弟。
1人は軽症、もう1人の症状はない。
市立土南部小の男子児童は軽症で、父親と兄弟の感染が判明済み。
(https://news.goo.ne.jp/article/chiba/region/chiba-20200912154110.htmlより引用)

関連記事