日本郵政が10月5日に保険営業再開 当面は勧誘より謝罪優先 2020-09-11


図 この記事のタイプ傾向 (「安心」「発表」「回復」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20200911k0000m020220000c.htmlより引用)
 日本郵政グループは11日、傘下のかんぽ生命保険の不正販売問題を受けて2019年7月から自粛中の保険営業について、再開に向けた業務を10月5日に始めると発表した。
当面は積極的な金融商品の勧誘はせず、顧客への謝罪など信頼回復に向けた取り組みを優先させるが、本格的な営業活動は徐々に再開していく。
 記者会見で日本郵政の増田寛也社長は「業務運営を開始するための準備が整ったと判断した。
失った信頼を取り戻すのは容易ではないが、グループ一丸となってまい進していく」と述べた。
本格的な営業再開を始める時期については「場面場面の判断になる。
(我々の変化を)認めていただくことから地道に開始していく」と具体的な日時は示さなかった。
 再開後は顧客を訪問する「おわび行脚」から始める。
こうした方針は、8月26日に自粛解除の方針を公表した後に各職場で開いた研修で徹底を図ったという。
信頼回復に向けて「客の声に誠実に耳を傾ける」「正確でわかりやすい説明」「安心して利用できる高品質のサービスの提供」といった5項目の顧客に対する“約束”も新たに設けた。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20200911k0000m020220000c.htmlより引用)

関連記事