「ちむどんどん」ニーニー衝撃の転身、借金は…ネット「賢秀の逆転劇」に仰天、具志堅用高も登場 2022-05-12


図 この記事のタイプ傾向 (「仰天」「楽しみ」「衝撃」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangeinou/entertainment/f-et-tp0-220512-202205120000082.htmlより引用)
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月〜土曜午前8時)の第24話が12日に放送された。
※以下ネタばれを含みます。
あらすじは、暢子(黒島結菜)がフーチャンプルーを作った、ある夜。
暢子の卒業後の東京行きを巡り、母・優子(仲間由紀恵)が始めた議論は、思いもよらぬ展開を見せていく。
姉の良子(川口春奈)も実は暢子の上京のためにお金を作っていて、言い出す機会を探っていた。
だが議論の最中に、家を出て行った兄の賢秀(竜星涼)から、手紙が届く。
それはその後の家族の運命を大きく変えていく内容だった。
賢秀は東京でプロボクサーになり、デビューしていた。
そして60万円を比嘉家に送った。
これで比嘉家の借金を返せるようになった。
暢子は賢秀に電話し「東京でチバリヨー」と言われ、上京して料理人になることを決意する。
衝撃のニーニー、賢秀(竜星涼)の転身にネットも仰天。
具志堅用高までボクシングの安里会長役で登場した。
ツイッターには「賢秀の逆転劇」「暢子も東京行けば賢秀に会えるよね あの大金、真相はいかに…」「えーーーー、プロボクサー?!」「一発逆転、かな?…とりあえず鶴見編 楽しみ」「今日のちむどんどんはすごい展開だ」「ニーニーいきなり大逆転やな 具志堅用高さんいたね」などとコメントが並んだ。
同作は沖縄の料理に夢をかけた料理人を目指す沖縄生まれの主人公、比嘉暢子(黒島結菜)と、支えあうきょうだいを描いた物語。
タイトルの「ちむどんどん」は、心がワクワクすることを意味する。
ヒロインの父親を大森南朋、母親を仲間由紀恵、きょうだいを竜星涼、川口春奈、上白石萌歌、が演じる。
主題歌はドラマの舞台となる沖縄県出身の歌手三浦大知が書き下ろしたオリジナル楽曲「燦燦(さんさん)」。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangeinou/entertainment/f-et-tp0-220512-202205120000082.htmlより引用)

関連記事