加藤官房長官、2月末期限の雇調金再延長を検討 2021-01-06


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/industry/sankei-ecn2101060015.htmlより引用)
 加藤勝信官房長官は6日午前の記者会見で、2月末で期限となる新型コロナウイルス感染拡大を受けた雇用調整助成金の特例措置の再延長を検討する考えを示した。
「しかるべきタイミングで延長の結論を出す必要はある」と述べた。
 雇調金は企業が従業員に支払う休業手当を一部補填(ほてん)する経済対策のひとつで、政府は昨年12月、新型コロナを受けた雇調金特例措置を今年2月末まで延長する方針を決めていた。
(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/industry/sankei-ecn2101060015.htmlより引用)

関連記事