まん延防止措置、大阪・兵庫・宮城への適用案を分科会に諮問…今夜にも決定 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「決定」)

 政府は1日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」を大阪府、兵庫県、宮城県に適用する案を、専門家でつくる基本的対処方針分科会に示した。
対象期間は4月5日から5月5日までの1か月間。
 西村経済再生相は分科会で、大阪府は大阪市、兵庫県は神戸、西宮、尼崎、芦屋の4市、宮城県は仙台市が適用区域になるとの見通しを示した。
 適用が必要だと判断されれば、政府は同日夜に対策本部を開いて正式決定する。
 重点措置は、新型コロナ対策の改正特別措置法で新設されたもので、適用されれば初となる。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20210401-567-OYT1T50101.htmlより引用)

関連記事