ドイツ、アストラゼネカ製は60歳以上のみ 副反応懸念 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「死亡」「懸念」「発見」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/ASP303CXCP30UHBI001.htmlより引用)
 ドイツ政府は30日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン接種について、60歳以上に限ることを決めた。
比較的若い世代で、血栓症が改めて確認されたため。
ドイツでは、副反応への懸念から同社製ワクチンの接種をいったんやめた後、19日から再開していた。
 同社製ワクチンは、日本も1億2千万回分を調達する契約を結んでいる。
 ドイツのワクチン接種常任諮問委員会は30日、まれだが非常に重い血栓症が発生する事例があるとして、同社製ワクチンの接種を「60歳以上のみ推奨する」と発表。
これを受け、連邦政府と各州の話し合いで、委員会の勧告を受け入れることを決めた。
60歳未満については、個別事例を医師が判断し、十分な説明のうえで接種する。
 ドイツではこれまで、1317万回のワクチンを接種し、約2割が同社製だ。
シュパーン保健相によると、31件の脳静脈血栓症が報告されたという。
 メルケル首相は各州首相との緊急会議後の記者会見で「ワクチンの特性については日々、新たな発見がある。
私たちは都度、バランスのとれた方法で判断せねばならない」と述べた。
 アストラゼネカ製のワクチンをめぐっては、欧州各地で接種後に血栓が生じ、死亡する事例が報告され、今月半ばまでに各国で使用がいったん止められた。
 その後、欧州医薬品庁(EMA)が「接種と血栓の因果関係は認められず、安全だ」と表明。
19日以降、各地で使用を再開した。
フランスでは、55歳以上に限って接種している。
 ただ、EMAも「極めてまれな事例」ではワクチンが血栓を引き起こした可能性が排除できないとして、検証を続けている。
EMAは近く、最新の検証結果を報告する予定だ。
 欧州各地で同社製へのワクチンに疑念が生じるなか、フランスのカステックス首相(55)は19日、信頼を取り戻そうと、同社製ワクチンを接種。
メルケル氏(66)も30日の記者会見で「自分の順番が来れば、アストラゼネカのワクチンを受ける」と述べた。
(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/ASP303CXCP30UHBI001.htmlより引用)

関連記事