狂犬病の予防接種で誤って飼い主に注射針「接種部位に痛みが…」犬抱きかかえ接種の際に刺さる【佐渡市】 2022-05-11


図 この記事のタイプ傾向 (「痛み」「事故」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nsttv/region/nsttv-09962.htmlより引用)
今月8日、新潟県佐渡市役所の本庁舎前で行われていた狂犬病の予防接種の際に注射針が誤って犬の飼い主の左手親指に刺さる事案が発生しました。
飼い主は接種部位に痛みが出たことから、2日後に市に電話で相談。
飼い主は佐渡市内の病院を受診し、塗り薬を処方され、1週間の経過観察となっています。
佐渡市は、今回の事故について、獣医師の判断により飼い主が飼い犬を抱きかかえながら予防接種する際に発生したとして、県獣医師会佐渡支部に対して安全管理の徹底について改めて要請しました。
佐渡市は今回、ワクチンは体内に入っていないとみていますが、狂犬病のワクチンが万が一体内に入ったとしても、不活化ワクチンのため問題はないということです。
(https://news.goo.ne.jp/article/nsttv/region/nsttv-09962.htmlより引用)

関連記事