大谷翔平 2打席連弾でメジャー通算100号に王手「早く達成したい、できれば明日」 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 (「大事」「ラッキー」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20220510085.htmlより引用)
 「エンゼルス11−3レイズ」(9日、アナハイム) エンゼルスの大谷翔平投手(27)が「3番・指名打者」で出場。
日米初の満塁弾を含む2打席連続本塁打を放ち、チームの2連勝に貢献した。
5打点は19年9月7日ホワイトソックス戦以来2度目で自己最多タイ。
3安打は今季3度目で、マルチ本塁打は今季2度目、通算8度目だった。
これでメジャー通算99号。
100号に王手をかけた。
 「早く達成したいなというか、できれば明日打って、早く超えたいなと思う」と大谷。
自身初の満塁弾については「知らなかった」と振り返り「自分の中では、打っているものだと思っていた」と語った。
また「いいプロセスを踏んで、いい結果が出なくても、継続していくことが大事」とも話した。
 大谷は、第2打席に中堅が打球を見失うラッキーな安打を記録。
六回の第3打席で4月29日のホワイトソックス戦以来10試合ぶり、本拠地1号となる124メートルの5号ソロを左中間へ運んだ。
七回の第4打席は左翼席へ126メートルの6号を放った。
 大谷はこれで投打同時出場5試合を含む30試合に出場し、打率・252、6本塁打、21打点、4盗塁とした。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20220510085.htmlより引用)

関連記事