北朝鮮、弾道ミサイル3発を発射 短距離、EEZ外に落下 2022-05-12


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/nation/kyodo_nor-2022051201001469.htmlより引用)
 【ソウル共同】北朝鮮は12日午後6時29分(日本時間同)ごろ、首都平壌の順安付近から日本海へ短距離弾道ミサイル3発を発射した。
韓国軍が発表した。
日本政府によると、最高高度は約100キロで約350キロ飛行。
政府関係者によると、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられる。
被害は確認されていない。
 10日に韓国で尹錫悦新政権が発足後、初めてのミサイル発射。
北朝鮮に強硬な姿勢を取る新政権をけん制する意図もありそうだ。
北朝鮮は7日にも潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と推定される短距離弾道ミサイルを発射した。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/nation/kyodo_nor-2022051201001469.htmlより引用)

関連記事