神社にカラフルな“おみくじトンネル” 実は感染対策です 神戸 2021-01-20


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

(https://news.goo.ne.jp/article/kobe/nation/kobe-20210120013.htmlより引用)
 海上安全の神などをまつる神戸市兵庫区和田宮通3の和田神社は、新型コロナウイルスの感染対策として“おみくじトンネル”を設置している。
 参拝客がおみくじを結ぶ「おみくじ掛け」で混雑しないよう、昨年末全長約3メートル、高さ約2メートルのトンネル型の骨組みを新設した。
現在アーチ部に加え、側面にも計3千枚超のおみくじが結びつけられている。
 スペースが増えたので、何度も取り外す必要もなくなった。
同神社の奥田雅人宮司(56)は「結果的に皆さまの思いが一カ所に集まり、大きなチカラになるような気もする」と話す。
おみくじは立春(今年は2月3日)までに取り外す。
(https://news.goo.ne.jp/article/kobe/nation/kobe-20210120013.htmlより引用)

関連記事