松田聖子、40年ぶり“聖子ちゃんカット”…セルフカバー「青い珊瑚礁」のMVで披露 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 (「元気」「幸せ」「好き」「楽しい」「大好き」「死去」)

(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/hochi-20210401-OHT1T50003.htmlより引用)
 歌手の松田聖子(59)が、初期の代表曲のセカンドシングル「青い珊瑚礁」(80年)を41年ぶりにセルフカバーしたことが31日、分かった。
デビュー記念日の4月1日に「青い珊瑚礁〜Blue Lagoon〜」として配信リリースする。
 昨年のデビュー40周年イヤーは新型コロナの影響で全国アリーナツアーが延期に。
コロナ禍が長期化する中、少しでも元気を届けられたらという思いから制作に至った。
 「青い珊瑚礁」(小田裕一郎作曲、三浦徳子作詞)は「夏の扉」「白いパラソル」なども手掛けた名アレンジャーの大村雅朗さん(97年死去、享年46)が初めて編曲した聖子ナンバー。
この曲で一気にトップアイドルに上り詰め、翌年のセンバツ高校野球の入場行進曲にも採用された。
 聖子は「私自身も大好きな曲。
リアレンジでセルフカバーできることにワクワクしています」。
ポイントは2コーラス目のサビ前で「あなたが好き あなたが好き」とリフレインする部分を新しいアレンジに。
「初めて聴く方には80年代のキラキラしたポップスを、新鮮に感じていただけたらうれしいです。
オリジナルをリアルタイムで聴いてくださっていた方には、青春時代を思い出しながら楽しんでいただけたら幸せです」 自身が監督した同曲初のミュージックビデオでは、約40年ぶりに“聖子ちゃんカット”も披露している。
「曲の世界観には『青い空、青い海、心地よい風、輝く太陽』というイメージがあり、それに合うかわいいロケーションを探して撮影しました。
天気にも恵まれ、心地よい風も吹き、楽しい現場になりました。
その空気感を感じていただけたら」と願った。
延期された40周年ツアーは6月5日から7か所11公演を回る。
(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/hochi-20210401-OHT1T50003.htmlより引用)

関連記事