笠井信輔アナ「完全に体が宙に浮いて…」公道で激しく転倒、地面に強打 指3本の付け根が反対に反り返る 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「ありがと」「ありがとう」「安心」「痛い」「痛み」「感謝」「心配」「なんと」「激しい」「恥ずかしい」「ふらふら」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210107-0232.htmlより引用)
 元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(57)が7日、自身のブログを更新。
公道で激しく転倒し、両膝と両手を地面に強打したことを明かした。
 「大転倒!」のタイトルでエントリー。
「公道ですっころびました」と書き始めると「道の縁石に足をひっかけて、あまりの勢いの良さに、完全に体が宙に浮いて・・・次の瞬間、両膝と両手を地面に強打!激痛!左の指3本の付け根が反対に反り返り、折れたと思いました」とその激しい転倒ぶりを記した。
 あまりの痛みに、その場で動くことができずにいた笠井アナ。
心配した見知らぬ男性が「大丈夫ですか?」と声をかけてくれ、背中をさすってくれたという。
「顔を見られたら、万が一私を知ってたらも〜恥ずかしい!」。
「体を起こすと、安心した男性は去って行きました。
ありがとうございます・・・(涙)」。
だが、それでも痛みのあまり立ち上がれないでいると、今度はカップルが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれたそうで「『大丈夫です』と顔を隠したまま返しました。
みなさん、なんて優しい!!!」と感謝した。
 「二人が安心して立ち去ったあと、なんとか立ち上がりふらふら歩き始めました。
どこもケガをしていないみたいーーーと思ったら、手袋の右がベロっと破けてました」と破れて大きな穴があいた手袋の写真をアップした笠井アナ。
「手のひらは無傷でした。
両ひざは、擦り傷ができていました」「…まだ指が痛いです」とつづった。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210107-0232.htmlより引用)

関連記事