トップリーグ44人が新型コロナ感染 トヨタ自動車ら開幕カード2試合が中止【ラグビー】 2021-01-12


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/chuspo/sports/chuspo-184153.htmlより引用)
 日本ラグビー協会は12日、トップリーグの3チームで計44人が新型コロナウイルスの陽性者となったと発表した。
キヤノンで24人、トヨタ自動車で13人、サントリーで7人で、16日の開幕初日に行われるトヨタ自動車―サントリー戦(愛知・豊田スタジアム)と、17日のリコー―キヤノン戦(東京・駒沢陸上競技場)の2試合を中止することも合わせて発表された。
 同協会は「開催中止となった試合は代替試合を設けず、『ジャパンラグビー トップリーグ規約』第39条および第57条に基づき、両チームに勝ち点2ずつを加算するものとする」とした。
トップリーグは昨年、新型コロナの影響でシーズン途中で打ち切られた。
(https://news.goo.ne.jp/article/chuspo/sports/chuspo-184153.htmlより引用)

関連記事