マルコス氏、大きくリード=比大統領選、開票開始 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 ()

 【マニラ時事】フィリピンで9日、大統領選の投票が行われ、開票作業が即日始まった。
選管の集計によると、フェルディナンド・マルコス元上院議員(64)が大きくリードし、レニ・ロブレド副大統領(57)ら他候補を引き離している。
 午後8時45分(日本時間同9時45分)すぎの集計によると、開票率57.76%の時点で、マルコス氏が1897万票余を獲得。
2位のロブレド氏の897万票余を大きく上回っている。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-220509X988.htmlより引用)

関連記事