日経平均終値、434円高の2万7490円…投資家に安心感 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「安心」「期待」)

 7日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)は大幅に値上がりし、一時前日終値比500円超上昇した。
終値は、前日比434円19銭高の2万7490円13銭だった。
 米ジョージア州の上院決選投票で民主党の勝利が確実となり、バイデン次期政権による経済対策が加速するとの期待から、前日のダウ平均株価(30種)が最高値を更新した流れを引き継いだ。
東京市場でも投資家に安心感が広がり、幅広い銘柄で買い注文が膨らんでいる。
 東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は30・12ポイント高い1826・30。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/business/20210107-567-OYT1T50188.htmlより引用)

関連記事