元アヤックスのDRコンゴ代表FWが29歳で急逝。悲しみの声広がる「早すぎるよ」「信じられない」 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 (「悲しい」「ショック」「素晴らしい」「動揺」「安らか」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/soccerdigestweb/sports/soccerdigestweb-109336.htmlより引用)
 アヤックスでプロキャリアをスタートさせ、今シーズン途中までオランダ1部のトゥベンテでプレーしていたDRコンゴ代表FWジョディ・ルコキが、29歳で急逝したことが明らかになった。
英公共放送『BBC』などが5月9日に伝えた。
死因はまだ分かっていないという。
 アヤックスの下部組織で育ち、2011年にプロデビューを飾ったルコキは、ズウォーレ、ブルガリアのルドゴレツ、トルコのイェニ・マラティヤスポルなどを経て、昨夏に2年契約でトゥベンテに加入。
だが、「一身上の都合」を理由に今年2月に契約を解除していた。
 先週には、自身のインスタグラムに、怪我からの復帰に向けてジムで身体を動かしていたことを投稿していた。
その後に何があったのか。
【画像】1週間前にルコキが投稿した最後の姿。
怪我からの復帰に向けてトレーニングをしていた 3か月前まで在籍していたトゥベンテは「この悲劇的な出来事にショックを受け、動揺している」と声明を発表。
アヤックスも「安らかに眠ってください、ジョディ」と投稿している。
 またファンからは「信じられない」「素晴らしい人間だった」「早すぎるよ」「深く悲しいニュースだ」といったコメントが寄せられている。
(https://news.goo.ne.jp/article/soccerdigestweb/sports/soccerdigestweb-109336.htmlより引用)

関連記事