ドイツ3位転落 北マケドニアに敗れ20年ぶり黒星 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/jsoccer/f-sc-tp4-210401-202104010000092.htmlより引用)
<ワールドカップ(W杯)欧州予選:ドイツ1−2北マケドニア>◇J組◇3月31日◇デュイスブルクFIFAランク13位のドイツがホームで同65位の北マケドニアに1−2で敗れる波乱があった。
ワールドカップ(W杯)欧州予選では01年にイングランドに1−5で敗れて以来、35試合連続で無敗を続けてきたが20年ぶりの黒星となった。
前半9分、MFゴレツカ(Bミュンヘン)の右足シュートがクロスバーに嫌われて先制チャンスを逃すと、同ロスタイム、左右に振られた攻撃からフリーのFWパンデフ(ジェノア)に左足で押し込まれて先制点を奪われた。
後半18分にFWサネ(Bミュンヘン)が倒されて得たPKをMFギュンドアン(マンチェスターC)が右足でど真ん中に蹴り込んで同点に追いついたが、同40分、MFアデミ(ディナモ・ザグレブ)のペナルティーエリア左奥からのマイナスの折り返しをMFエルマス(ナポリ)に流し込まれて決勝点を奪われた。
敗戦後、ギュンドアンは「起こってはならないこと」と嘆いた。
ドイツは2勝1分けとなり、ルーマニアにホームで3−2で競り勝ったアルメニアが3連勝で首位。
北マケドニアとドイツが2勝1敗で並び、得失点差で北マケドニアが2位。
ドイツは3位まで後退した。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/jsoccer/f-sc-tp4-210401-202104010000092.htmlより引用)

関連記事