トランプ政権中枢の辞任止まらず、議会乱入は看過できないとの声 2021-01-08


図 この記事のタイプ傾向 (「嫌悪」「嫌悪感」「困惑」「疑い」)

(https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20210108095.htmlより引用)
[ワシントン 7日 ロイター]-米連邦議会議事堂にトランプ大統領の支持者が乱入した事態を受けて政権中枢の辞任が相次いでいる。
トランプ氏の残された任期はわずかで実質的影響はほとんどないが、同氏が支持者の過激な行動を助長したことに対する嫌悪感がうかがえる。
7日に辞意を表明したチャオ運輸長官はスタッフへの電子メールで暴徒による攻撃に「私はあまりにも困惑した。
到底看過できない」と説明。
11日付の辞任となるとした。
チャオ氏は共和党上院トップのマコネル院内総務の妻。
同じく7日に辞任したデボス教育長官はトランプ氏に書簡を送り、議会乱入は受け入れ難いと強調。
「あなたの発言が影響を与えたのは疑いようがない。
これが私にとっての転換点だ」とした。
辞任は8日付だとした。
相次ぐ辞任についてホワイトハウスからコメントは得られていない。
政権高官によると、ポッティンジャー大統領副補佐官(国家安全保障担当)は6日に突如として辞任しており、国家安全保障会議(NSC)のロシア問題、中東、アフリカ、国防政策、大量破壊兵器問題を担当するそれぞれのシニアディレクターが7日に辞任した。
さらに、関係筋によると、大統領経済諮問委員会(CEA)のグッドスピード委員長代行も辞任したという。
トランプ氏が7日、これまでの発言を一変させ「秩序立った政権移行」を目指すと表明した理由の1つは、さらに多くの幹部が辞任するの阻止するためだったが、ある高官は「止めることはできないだろう」と述べた。
一方、関係者によると、ポンペオ国務長官、ムニューシン財務長官、ミラー国防長官代行、ローゼン司法長官代行は辞任しない見通し。
ただ、その他の閣僚でさらに辞任の動きが広がる可能性はあるという。
メラニア大統領夫人の首席補佐官を務めるステファニー・グリシャム氏も6日に辞任。
2人の関係筋によると、ホワイトハウスのマシューズ報道官とソーシャルセクレタリーのリッキー・ニセタ氏も辞任した。
(https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20210108095.htmlより引用)

関連記事