青森・十和田で山林火災、4万平方m焼き延焼中…陸自ヘリなどが消火活動 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20220510-567-OYT1T50073.htmlより引用)
 9日午前11時30分頃、青森県十和田市法量(ほうりょう)の山林から出火、10日午前8時時点で少なくとも約4万平方メートルを焼き、燃え続けている。
これまでに、けが人は確認されていない。
 県警十和田署によると、現場は国有林と民有林が混在する山林で、林野庁三八上北(さんぱちかみきた)森林管理署が依頼した作業員が伐採跡地を整地していたという。
 青森、岩手両県の防災ヘリコプターが散水を続けているほか、10日早朝からは青森県知事から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊のヘリ2機が消火活動にあたっている。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20220510-567-OYT1T50073.htmlより引用)

関連記事