75歳以上の実車試験スタート 高齢ドライバーの事故対策 2022-05-13


図 この記事のタイプ傾向 (「事故」)

 高齢ドライバーの交通事故対策を盛り込んだ改正道交法が13日施行された。
一定の違反をした75歳以上に対する運転技能検査(実車試験)と、先端技術を搭載した「安全運転サポート車」限定免許制度がスタート。
相次ぐ事故を防ぐため、運転免許の自主返納などに加え、さらに対策を進める狙いだ。
 警察庁によると、実車試験は、免許更新時の誕生日の160日前を起点として過去3年間、信号無視など11種類の違反のうち一つでもあった75歳以上が対象。
教習所などで実際に運転し、100点満点からの減点方式で、普通免許は70点以上が合格となる。
 免許有効期限の6カ月前から繰り返し受検可能だ。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/nation/kyodo_nor-2022051201001344.htmlより引用)

関連記事