バイデン氏が大統領令に署名、パリ協定復帰など前政権の路線転換 2021-01-21


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

(https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20210121026.htmlより引用)
[ワシントン 20日 ロイター]-バイデン米大統領は就任初日の20日、15の大統領令への署名を開始した。
環境問題や新型コロナウイルス対策などトランプ前政権の政策を転換する。
バイデン氏は、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に復帰する手続きなどを開始。
「キーストーンXLパイプライン」の建設認可も取り消す。
また、連邦庁舎内でのマスク着用や社会的距離の確保を義務化。
メキシコとの国境の壁建設に連邦政府の資金を振り向ける根拠となっていた非常事態宣言を解除する。
(https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20210121026.htmlより引用)

関連記事