大阪・吉村知事  国に”一般医療を制限しコロナ病床を確保する基準”を求める 2021-04-04


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

(https://news.goo.ne.jp/article/ktv_news/region/ktv_news-9873791c_f48f_4737_84e1_10163c4be3fb.htmlより引用)
大阪府と兵庫県で5日から「まん延防止等重点措置」が適用されるのを前に全国知事会が開かれ、吉村知事は国に対し新型コロナウイルスの病床確保に向けた基準を明確にするよう求めました。
【大阪府 吉村洋文知事】「緊急に感染が急拡大した場合については、一般医療を制限して、緊急的な病床を確保せよという通知が厚労省から出ています」「きちんと(一般医療の制限の)範囲はどこまでかというのは、一定程度の基準を示してもらいたい」大阪府では3日、過去最多の666人の感染が確認されました。
吉村知事は「今後、新型コロナ患者の病床がひっ迫するのは明らかだ」としたうえで、一般医療用の病床を制限して新型コロナ病床を確保する際の基準を明確にするよう、国に対し求めました。
5日から適用される「まん延防止等重点措置」で、大阪府では大阪市を対象に飲食店などへの午後8時までの時短要請が始まります。
吉村知事は改めて、飲食店を利用する人などに「マスク会食」を呼びかけました。
(https://news.goo.ne.jp/article/ktv_news/region/ktv_news-9873791c_f48f_4737_84e1_10163c4be3fb.htmlより引用)

関連記事