早大で火災 “無人”の研究室から出火か? 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 ()

29日午前、東京・新宿区の早稲田大学・西早稲田キャンパスの研究室で火事があり、一時騒然となりました。
東京消防庁によりますと、29日午前9時半ごろ、東京・新宿区にある早稲田大学・西早稲田キャンパスの65号棟1階にある、研究室で火事がありました。
火は、研究室を5平方メートルほどを焼いたところで、およそ1時間後にほぼ消し止められました。
けが人はいなかったということです。
早稲田大学の学生「排気口から(煙が)もくもくとあがっている感じで、一時期はけっこう中庭に広がっている感じでした」早稲田大学によりますと、現在は春休み中で、出火当時は火元とみられる研究室では実験は行っておらず、無人だった可能性が高いということで、警視庁と東京消防庁が出火原因を調べています。
(https://news.goo.ne.jp/article/ntv_news24/nation/ntv_news24-847136.htmlより引用)

関連記事