人気料理研究家の高木ゑみさん、35歳で死去 ステージ4の肺がんで闘病していた 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「ありがと」「ありがとう」「痛み」「笑顔」「感謝」「元気」「心配」「追悼」「見事」「安らか」「支援」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/hochi-20210331-OHT1T50135.htmlより引用)
 料理研究家の高木ゑみさんが、28日に亡くなったことが31日までに明らかになった。
35歳だった。
高木さんは昨年10月にステージ4の肺がんを宣告され、すでに脳や骨にも転移してたことから闘病を続けていた。
 公式インスタグラムが30日に更新され「高木ゑみ本人に代わりまして、ゑみの友人一同よりお送りさせていただきます。
この数日間、ゑみからの投稿がなくてご心配されていらっしゃった方も多いと思います。
いつもゑみへの温かい応援メッセージとご支援を本当にありがとうございました。
このようなお知らせになり、本当に心が痛みますが、2021年3月28日に高木ゑみは永眠いたしました。
35歳という若さでした」と報告。
 「最期は、ゑみ同様に明るくて笑顔の絶えないご家族に見守られて、『ありがとう』を伝えながら安らかに眠りについたそうです。
ゑみの終焉は、それはそれは見事で、病院でも伝説になるようなゑみらしく、かっこいい姿だったそうです」と説明し、故人からの最後の伝言として「笑顔を忘れずに 愛をたくさん注いで 前向きに!!! どんなときでも 私はみてるよ! 応援してるよ! 高木ゑみ」とのメッセージを掲載した。
 家族のみで葬儀を終えたことも報告し、「みなさま、高木ゑみをご支援くださり、本当にありがとうございました。
ゑみはみなさまへの感謝と愛を胸に、天国からみなさまを見守り続けてくれることと思います」と記した。
 また一夜明けた31日には、高木さんが元気に台所に立つ写真とともに、故人へのメッセージを募る「追悼サイト」を立ち上げたことも発表した。
 高木さんは慶大卒業。
海外留学で世界各国の料理に出会い、料理の道へ。
人気の料理教室を主宰し、著書「考えない台所」は14万部を超えるベストセラーに。
商品開発やテレビ・ラジオの出演、講演など多岐にわたり活躍した。
私生活ではシングルマザーとして息子を育てていた。
(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/hochi-20210331-OHT1T50135.htmlより引用)

関連記事