「飲酒運転していたかどうかわかりません」 赤信号で追突、酒気帯び発覚の男を逮捕 2020-09-13


図 この記事のタイプ傾向 (「容疑者」「通報」「疑い」「容疑」)

(https://news.goo.ne.jp/article/kanagawa/region/kanagawa-20200913113018.htmlより引用)
 神奈川県警相模原署は13日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、相模原市中央区田名塩田3丁目、会社員の男(30)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午前0時半ごろ、同区南橋本3丁目の国道129号で、酒気を帯びた状態でトラックを運転した、としている。
「飲酒運転していたかどうかわかりません」と供述し、容疑を否認しているという。
 署によると、同容疑者は赤信号で停止していた乗用車に追突。
乗用車の男性会社員(25)が110番通報し、酒気帯び運転が発覚した。
乗用車の男性にけがはなかった。
(https://news.goo.ne.jp/article/kanagawa/region/kanagawa-20200913113018.htmlより引用)

関連記事