聖火リレー中止検討の島根県、一転実施へ 参加者絞るなど対策 2021-04-06


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「協力」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210405k0000m040265000c.htmlより引用)
 島根県は5日、県内の東京オリンピック聖火リレーを実施する方針を固めた。
6日に丸山達也知事が上京し、大会組織委員会に伝える。
丸山知事は2021年2月、国や東京都の新型コロナウイルス感染防止策を不十分とし、県内でのリレー中止を検討する考えを示していた。
 県によると、国の新型コロナ関連の経済対策の動きを考慮し、実施を決めた。
ただし、スポンサー関係の参加者を絞るなど、感染対策を実施する。
 丸山知事は20年秋以降のコロナ第3波の中で、東京都が濃厚接触者や感染経路の調査を縮小したことに対し「都は(五輪を)開く資格がない」などと繰り返し批判。
今年2月17日には「現状では五輪開催に反対。
聖火リレーにも県としては協力できない」と発言し、その後の国などの対応を見極めて判断する考えを示していた。
 県内の聖火リレーは、5月15日に津和野町をスタートし、同16日に松江市に至るルートで予定されている。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210405k0000m040265000c.htmlより引用)

関連記事