巨人・原監督「東海大相模にあやかったよ」逆転勝ちで母校Vに花を添える 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 (「好機」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210401182.htmlより引用)
 「中日1−3巨人」(1日、バンテリンドーム) 巨人が逆転勝ちでこのカード1勝1敗1分けとした。
原監督は開口一番「東海大相模にあやかったよ」と同じく接戦をものにしてセンバツ優勝を決めた母校に勝利で花を添えた。
 主砲の一打が試合を決めた。
五回まで3安打無得点だったが、0−1で迎えた六回、それまで攻めあぐねていた左腕・松葉を攻略。
先頭のウィーラーの左翼への二塁打と敵失で無死一、二塁の好機をつかんだ。
ここで主砲・岡本和が右中間を破る逆転二塁打を放ち、これが決勝打となった。
 原監督は「やっぱりクリーンアップが打つとね。
うちの3、4、5というのは中心選手だからね」と主砲の一打をたたえた。
 さらに続く2死一、三塁から大城が左前適時打を放ち突き放す。
「そうですね。
いいところに自分の居を構えているね」と独特の表現で評価した。
 このカードから2番にウィーラーを起用。
この日もチャンスメークした。
原監督は「一番、今のうちの打線では好調な選手だと思いますよ」と絶賛。
練習中から右方向を打つ打撃を披露。
「いいですね。
いいですね。
バッティング練習中からいいですね」と話した。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210401182.htmlより引用)

関連記事